水の表現は青系のカラーサンドで。

青系は種類が多いので、深いところは濃く、浅いところは薄くなどと、グラデーションをつけてもいいかもしれません。

はじめての方は、粗粒(Nタイプ)が扱いやすいと思います。

もっとリアルさを追求したい場合には、より細かい色を使ってみてください。